トップページへ▲



長久寺の境内で観られる、四季折々の
美しい花や景色をお楽しみいただけます。

3月 春爛漫。白木蓮、ぼけ、
色とりどりのつばきが次々に咲きます。




















3〜4月 桜が春を告げます。








4月 秋には真っ赤に紅葉するどうだんつつじが、
白いスズランのような花を咲かせます。








4〜5月 つつじもあざやか。




5〜6月 藤棚にはとてもかわいい花が咲きます。




5月下旬〜6月 続いてさつきが咲きます。




6月 さまざまな色や形のあじさいが咲きました。
そして新緑が目にも眩しい季節です。




























8月 凛とした美しさの蓮の花が咲きます。








9月 珍しい白い彼岸花も咲きました。




紫式部(コムラサキ)の実が美しく輝いています。


11月 紅葉で真っ赤になったどうだんつつじ




寒さが増してくるごとに銀杏や柿も色づいてきます。
銀杏の落ち葉が黄色い絨毯のよう。








12月 八重のさざんかがきれいに咲きました。




1月 寒つばきも咲きました。




2月 福寿草の黄色も鮮やか。
うぐいすやかわいい梅の花が、
わずかに春を感じさせてくれます。












2月終わり〜3月初旬 
境内に1本だけあるしだれ梅が咲きました。
境内にある20本ほどの梅が満開になり、
ほのかに梅の花の香りが漂っています。