境内散策ページへ▲
大黒天

  令和二年(2020年)元旦より所沢七福神が開場し、当寺に大黒天をお祀りさせていただくこととなりました。
 大黒天は、古代インドのマハーカーラ(魔訶迦羅)という神が起源とされています。マハーは大きい、カーラは黒です。
 日本に伝来ののち、食をつかさどる台所の守護神として祀られ その後 台所の神から福の神として信仰されるようになっていきました。
 そして、大黒と大国の音韻や、容姿が通じることから大黒天と大国主命が習合されていきます。福徳や財宝を与える神として、また 商売繁盛、縁結び、田の神としても崇められています。

 ご真言(マントラ) 「おん まかきゃらや そわか」と唱えながら、大黒さまを撫でさするとさらなる広大無辺の仏のご利益をいただくことができるといわれております。どうぞ皆さま、「おん まかきゃらや そわか」と唱えながら、大黒さまを撫でてみてください。

御朱印は、大黒さまの右隣のテーブル上にございます。

所沢七福神 (午前9時から午後4時まで開場しております。)
 1番 恵比須天 持明院 所沢市北秋津85
 2番 大黒天  長久寺 所沢市久米411
 3番 福禄寿神 佛眼寺 所沢市久米2445
 4番 弁財天  永源寺 所沢市久米1342
 5番 寿老人  光蔵寺 所沢市荒幡499
 6番 布袋尊  本覚院 所沢市荒幡653
 7番 毘沙門天 海蔵寺 所沢市山口2725

甲子きのえねの日(大黒さまのご縁日)について
今年 令和二年の甲子の日(大黒さまのご縁日)は、下記のとおりになります。
 1月22日(水) 初甲子
 3月22日(日)
 5月21日(木)
 7月20日(月)
 9月18日(金)
 11月17日(火) 納めの甲子
縁日限定で、お札を授与いたします。  詳しくは→