宝篋印陀羅尼塔(ほうきょういんだらにとう)

 万延元年(1860)江戸時代後期、信徒のご寄進によって建立されました。
 宝篋印陀羅尼塔とは「宝篋印陀羅尼(ほうきょういんだらに)という経典を収めたことに由来する仏塔です。功徳のある石塔として五輪塔とともに現在に至ります。