中根伝七郎正重の墓

 中根伝七郎正重は、徳川家康に仕えて関東に入り、久米村に知行地を与えられました。
慶長三年(1598)9月4日 に亡くなりました。
 現在の中根伝七郎正重の墓は、正重の200回忌にあたる寛政九年(1797)9月4日に、子孫の中根正寧が再建したものです。
 旗本中根氏は、江戸時代幕末まで久米村を知行し、長久寺の維持発展にも貢献してくださいました。