寿和婦貴(咳)尊(すわぶきそん)

 すわぶき(咳)からきている名で、親しみをこめて「おしゃびき様」とも呼ばれている六体の首なし地蔵です。
 どうにも咳が止まらず首が落ちそうに痛かった人が、その咳を止める為六体の首なし地蔵を祀って祈願し、治った、という言い伝えがあります。
 昔は子供の咳が止まらない時、地蔵様のたすきを戴いて子供の身に着け祈願し、治ると新しいたすきを足してお礼に来ていました。